ペニス増大サプリに配合されている体内活性系の成分の種類と特徴

血管拡張作用を持つ成分

ペニス増大サプリの主成分と言えば、体内活性系のものです。体内活性系の成分とは具体的にどのようなものかと言うと、血管拡張作用を持つものや血行を促進させるものや代謝をアップさせるものなどがそれにあたります。

その代表格となるのが、血管拡張作用を持つシトルリンやアルギニンなどの成分です。ほとんどのペニス増大サプリに、体内活性系成分として配合されています。血管が拡張されることで、ペニスへの血流量が増えて勃起が促進されるという仕組みです。シトルリンのサポート成分としてアルギニンを配合しているペニス増大サプリも多く、シトルリンの含有量の多さが体内活性効果の高さのバロメーターになります。含有量が多ければ多いほど体内活性効果が高く、実感力もアップします。

ペニス増大サプリを選ぶ際は、シトルリンの含有量に着目して比較することが重要なポイントとなります。シトルリンとアルギニンを両方摂取することで、相乗的な作用を発揮します。

代謝や代謝を促進させる成分

ペニス増大サプリの主成分となるのは血管を拡張させるシトルリンやアルギニンですが、それをサポートする成分という位置付けで配合されているのが、霊芝や朝鮮人参などの血行を促進させる成分や、ビタミンB群などの代謝をアップさせる成分です。

霊芝や朝鮮人参は植物系の体内活性成分としては有名で、マカやトンカットアリなどと一緒に配合されていることが多いです。ビタミンB群は水溶性のビタミンで、加齢や運動不足や自律神経の乱れなどによって低下した代謝を高めてくれる成分です。

ペニス増大サプリの主役と言えばシトルリンですが、シトルリンの効果をアップさせるための脇役として強力なサポートをするのが霊芝や朝鮮人参やビタミンB群です。これらの体内活性系成分を同時に摂取すると、相乗効果が得られます。

その他にも、ペニス増大サプリには亜鉛やローヤルゼリーやコエンザイムQ10や冬虫夏草など様々な種類の成分が配合されており、それぞれ特徴や効果効能が異なります。

まとめ

ペニス増大サプリの主成分となる体内活性系成分には様々な種類が存在すること、それぞれの成分にはそれぞれの効果効能があり同時に摂取すると相乗効果が狙えること、含有量が多ければ多いほど効果の実感力が高まることなど、ペニス増大サプリの成分について深く知ることが出来たのではないでしょうか。様々なメーカーから様々なタイプのペニス増大サプリが市販されていますので、成分表示をしっかりとチェックして選ぶことが大事です。