ペニス増大サプリに配合されている植物系の成分の種類と特徴

ペニス増大サプリに配合されている植物系成分の種類

ペニス増大効果を得ようと思って精力剤を購入したのに、思ったほどの効果がなかったという人も少なくありません。こういった場合考えられるのは自分の期待する効果が得られる成分が入っていなかったことが考えられます。

ペニス増大サプリの成分は、シトルリンやアルギニン、亜鉛、マカ、トンカットアリ、ガラナ、クラチャイダムなどの成分が含まれていることが多く、それぞれ効果が異なります。

シトルリンはウリ科の植物に多く含まれているアミノ酸の一種で、精力剤にも多く使用されている成分です。シトルリンは血流をアップさせる効果がありますから、ペニス増大にも効果抜群です。

アルギニンは大豆や肉類のタンパク質に含まれているアミノ酸で血中の一酸化窒素を増やして血管を広げていきますから、血流もよくなり勃起力をアップさせることができます。

ペニス増大サプリというとスッポンやマムシなどの動物系の成分をイメージする人も多いかもしれませんが、上記のような植物系の成分も多く使用されています。

ペニス増大サプリに含まれている植物系成分の特徴

ペニス増大サプリにはシトルリンやアルギニンが含まれていることが多く、ポピュラーな成分といえます。またそれ以外にもマカやガラナといった植物系の成分も人気があり、ペニス増大効果を得ることができます。

マカはアンデスの女王と呼ばれるほど栄養価が高い成分で、キャベツや株などのアブラナ科の植物です。このマカの根の部分は滋養強壮食として古くからペルーの人々には大切にされてきました。
マカにはアルギニンが含まれていますから、精力増強効果やペニス増大効果を得ることが可能です。

ガラナはあまり耳馴染みのない成分かもしれませんが、アマゾン流域に野生する植物の一種で、疲労回復や眠気覚し効果が代表的な効果です。ただそれだけではなく滋養強壮効果もありますから、ペニス増大サプリにも広く利用されています。

年齢とともにビンビンのペニスでなくなりセックスに自信がなくなった人は、一度ペニス増大サプリを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

世の中にはペニス増大サプリは数多く存在しますが、気をつけないといけないことは、その中には誇大広告のものもあり信じて飲み続けても効果を得られないものがあるということです。

ペニス増大効果を得るにはシトルリンやアルギニンが主要成分でなければ、思うような効果を得ることはできません。そのためマカやガラナだけではなくこういった成分を含んだものを選ぶようにすることが大事です。

またこれらの成分が自分の体質にあっているかどうかも大事ですから、地道に試していくようにしましょう。